あけましておめでとうございさいます。

 

長いこと更新を怠りました。

あぁズボラ感がでている。

(お分りいただけただろうか、この伊藤真麻のズボラさを)

たくさん映画を観てるのですが、今年はね、表情で映画をお伝えできるのではないかと思ってます。

ちゃんと更新します。

 

 

 

昨年は自分の人生がググッと変わるような出会いがありました。

単純な言葉でしか表せられないけど、もっともっとがんばろうと思えた。

あとほんの少しの勇気と楽しむ心を持って、今年は完璧な準備が出来てなくとも、まずは一歩踏み出しちゃうような一年に。直感。

 

 

2018年後半は毎月公演5ヶ月連続やったり、そろそろちゃんとお肌のことを考え出したり、飲み会が多過ぎて胃腸炎になったりでした。

真っ暗闇に飲み込まれたけど、たくさんの人たちが私の手を引き上げてくれました。本当に人の暖かみを感じた下半期。心から感謝です。

 

 

そして、公演にいつもかけつけてくれる皆様、応援してくれる皆様、昨年もお付き合いありがとうございました!

 

 

今年は映像でも会えるように。

皆さまにとって素敵な一年となりますように。

共に駆け抜けましょう!

 

 

今年のマアサデミー賞

作品賞

『ブリグズビー・ベア』

主演男優賞

イーサン・ホーク『しあわせの絵の具』

主演女優賞

サリー・ホーキンス『シェイプ・オブ・ウォーター』『しあわせの絵の具』

助演男優賞

バリー・コーガン『聖なる鹿殺し』

助演女優賞

樹木希林『万引き家族』

第100回目のアカデミー賞授賞式は会場にいたいものです。

 

 

門松に負ける女。伊藤真麻。

Leave a Response